メイドキャバとメイドカフェはどこが違う?

秋葉原ではメイドカフェはおなじみで、駅の周辺に多数出店しています。それと同時に秋葉原にはメイドキャバもあるのをご存じですか。メイドカフェとメイドキャバは、どのへんが似ていてどのへんが異なっているのでしょうか。

メイドキャバ秋葉原ではいらっしゃいませご主人様~と出迎えて、簡単な話をすることやゲームをすることはあっても、ぴったりくっついて対応することはありません。メイドキャバではお客さんにぴったりくっついて、自由にお話をすることになります。人と接するという意味ではメイドカフェよりもずっと、メイドキャバのほうが濃密です。

そしてメイドカフェはお酒は出ることはなくて、食事をすることを目的としているのですが、メイドキャバのほうはお酒も出ますし、大人的な雰囲気のなかでのサービスとなります。メイドキャバ嬢もお酒を飲む機会なども出てくるでしょう。

メイドカフェのスタッフはどちらかと言えばウェイトレス的なお仕事をするのですが、メイドキャバの場合はウェイトレスというよりお酒を飲む時のお話相手という意味合いが強くなっています。

男性と話をするのが好きだという人なら務まることですし、秋葉原にやってきた良い男性との出会いもあるかもしれません。

かわいいメイド服を着ることができるというのが、1番の魅力だと感じる女性もいます。その上に、給与も高額ということですから、メイドになりたい女性にはうってつけです。秋葉原でメイドキャバのバイトを始める価値はじゅうぶんです。